背中ニキビも実は病気、皮膚科受診のすすめ

背中ニキビは背中にできたニキビのことを指しますが、ニキビは誰にでもできる吹き出物であるため、病気だという認識はあまりされていません。
しかし、「尋常性ざ瘡」(じんじょうせいざそう)という名前があるれっきとした病気なのです。

 

ニキビは病気ではないという感覚でいる人が多いため、ニキビができたときのケアなどもいい加減になりがちです。
つぶしてしまったりするなどの間違ったケアをしてしまう人もとても多く、そのような場合は、跡が残ってしまうなどの影響が出ることも珍しくありません。

 

 

自己ケアと皮膚科受診の違い

 

背中ニキビができてしまったときに、自己ケアで済ませてしまう場合は、ドラッグストアでニキビ用の薬を購入したり、ニキビケア用の化粧品を購入したりして、ニキビが改善するように努めると思います。

 

ニキビが病気ではないという感覚でいると、なかなか病院に足が向かず、自己ケアで済ませようと考える人も多いでしょう。
自己ケアの場合、ニキビの状態の判断などは自分自身にゆだねられているため、間違ったケアをしてしまい、悪化させてしまうということもあるかもしれません。

 

皮膚科受診の場合、ニキビの治療のガイドラインが定められており、そのガイドラインに従って、治療や投薬が行われます。
専門医による状態の判断と、ガイドラインによる治療で、可能な限り間違いのない治療をしていくことになります。

 

 

皮膚科受診のメリット

 

背中ニキビができてしまったとき、すぐに皮膚科を受診することのメリットはたくさんあります。

 

自己ケアだと、どうしても一番ひどくなっているニキビにしか目がいなかなくなってしまい、まだひどくない状態のニキビのケアまではできないため、何度も何度も繰り返しニキビがひどくなる状態になりがちです。

 

何度も何度も繰り返しニキビができてしまうことを「ニキビループ」といいます。
この「ニキビループ」から脱するためには一番ひどいニキビだけでなく、前段階のニキビや、さらにニキビになる前の皮膚の状態までを見極めて、トータルして治療をしていくことが必要になります。

 

また、ニキビは病気なので、保険の適用は基本的に可能です。
自己ケアのために、様々な薬や化粧品を買うよりも、皮膚科を受診して治すほうが、経済的かもしれませんよ。