背中ニキビの専用化粧品を使ってみる 

気軽に始められる専用化粧品でのケア

 

背中は普段見せる場所ではないので、特別ケアをするという意識を持っている人は非常に少ないでしょう。
また、自分では見ることができないので、余計に無頓着になりがちです。

 

しかし、ドレスを着ることになったり、夏場なども薄着になり、水着になる機会もあるため、あわててその時に始めても間に合わないということはよくあります。

 

病院やエステサロンに行かなくても、自分でケアができて、気軽に始められる背中ニキビ専用化粧品でのケアをするという選択肢があることを心に留めておきましょう。

 

 

まずは、清潔にすること

 

背中ニキビは様々な要因によって発生します。

 

その要因の中には、シャンプーやリンスなどが残ってしまって毛穴に詰まったり、皮脂が詰まったり、汚れが詰まったり、ということもありますので、まずは清潔に洗うことです。
こすりすぎず、たくさんの泡で優しく洗うことで、肌の負担も少なく済みます。

 

 

そして分厚くなってしまった角質のケアを

 

背中は皮膚が他の部位に比べると非常に厚く、皮膚が厚いとその分硬くなってしまうため、毛穴の柔軟性も少なくなり、皮脂や汚れなどが詰まりやすくなります。

 

そこで、分厚くなってしまった皮膚のケアが必要になります。
「ピーリング」という、余分な角質をそぎ落とすケアを行います。

 

病院やエステサロンで行うピーリングのように器具や薬剤を使うということはできませんが、「ピーリング石鹸」といわれる、使うことでピーリング効果のある石鹸を使って、少しずつケアしていきます。
もちろん、器具を使うのに比べ効果は緩やかですが、使い続けることで自然に余分な角質を落とすことができます。

 

ピーリング石鹸はフルーツ酸や酵素が含まれているものを選ぶとよいでしょう。
肌へのダメージを最小限に抑えながら、ピーリングの効果を得ることができます。

 

 

最も大切なのは「保湿」

 

ピーリングを行ったあとは、柔らかい角質が表面に出ている状態になり、非常に乾燥しやすい状況にあります。

 

この乾燥をしっかりケアしてあげることが非常に重要です。
乾燥のケアには、化粧水などが最適ですが、普段顔に使っているものでも構いません。
しかし、背中ニキビ専用化粧水も出ているので、そちらを使用してみるとよいでしょう。

 

背中なので手で塗るのが難しい場合は、スプレータイプの化粧水を使用するか、普段使っている化粧水をスプレーボトルに入れるなど工夫して、適切にケアをしていきたいですね。