ストレスと肌の関係

忙しさから休むことができなかったり、不規則な生活を送ったり、また人間関係に悩まされたりなど、様々なストレスに悩まされている人はとても多いですよね。

 

ストレスによる肌トラブルやニキビについては、様々な要因から起こるとされていて、その1つが「活性酸素」です。

 

ストレスは体内に大量の活性酸素を発生させます。
活性酸素は強い酸化力を持つため、老化を早めたり、肌に炎症を起こしたりすることで、肌にダメージを与えます。

 

ダメージを受けた肌は外的な刺激にも敏感になり、さらに炎症が悪化したり、ニキビができたりしてしまいます。

 

このように、ストレスと肌状態は非常に密接なつながりがあります。

 

 

ストレスから背中ニキビができるまで

 

では、ストレスから体がどのような状態に陥り、背中ニキビができてしまうのでしょうか?

 

ストレスを感じるような緊張状態や睡眠不足などから自律神経が変調をきたしてしまうと、緊張状態をつかさどる交感神経とリラックス状態をつかさどる副交感神経のバランスが崩れてしまいます。

 

女性であっても、少しではありますが分泌されている男性ホルモンが、自律神経のバランスが崩れることにより、過度に分泌され、その男性ホルモンが原因で皮脂の過剰分泌が起こることで背中ニキビができやすくなります。

 

また、ストレスを感じているときは、その分泌されている皮脂が「過酸化脂質」に傾いていると言われており、この過酸化脂質は、通常の皮脂よりもドロドロしていて毛穴に詰まりやすく、黒ニキビになりやすい状態といえます。

 

つまり、ストレスからの背中ニキビは、自律神経のバランスが崩れ、男性ホルモンが過度に分泌されることにより、皮脂の過剰分泌が起こるだけでなく、過剰に分泌された皮脂が過酸化脂質のため、毛穴に詰まりやすく、詰まったところにアクネ菌が増殖してニキビができるといった経緯をたどるのです。

 

 

ストレスに負けない心と体

 

ストレスだけでも大変なのに、ストレスからニキビに悩まされてしまったら、さらなるストレスを抱えてしまうことになってしまいます。

 

ストレスと上手に向き合い、心と体への負担を少なくするように自分自身の生活を見直していくことが必要不可欠といえます。