背中ニキビの症状と進行

大人になってからできるニキビは、俗にいう「吹き出物」のことを言います。
その吹き出物が背中にできたものが「背中ニキビ」です。

 

大人の背中ニキビは、乾燥や汚れなど、肌への負荷がかかるときや、ストレスやホルモンバランスの乱れなど、体調の変化があるときなどにできやすいと言われています。

 

通常、ニキビはかゆみを伴うことはあまりありませんが、背中ニキビの場合、乾燥などの影響からかゆみを伴うことが多く、そのかゆみから無意識に掻き壊してしまい、ひどくなったり、跡になったりしてしまうという問題が発生してしまいます。

 

背中ニキビは、通常あまり意識しない背中にできるニキビのため、知らず知らずのうちに重症化していることも少なくありません。
できるだけ早くケアをすることが重要になります。

 

 

ニキビの初期段階「白ニキビ」

 

では、背中ニキビはどのようにでき、進行していくのでしょうか。

 

そもそも、ニキビは毛穴にできます。

 

毛穴が過剰な皮脂や汚れなどによって狭くなり、そこに古くなった角質などが詰まります。
毛穴がふさがってしまうことで、皮脂の分泌が妨げられ、毛穴が詰まりふくらんだ状態を「白ニキビ」といい、「コメド」とも呼ばれます。

 

「白ニキビ」は最も初期段階のニキビで、この段階で適切なケアをしなかった場合は、また次の段階に進んでしまいます。

 

 

目立つのが困る「黒ニキビ」

 

「白ニキビ」を放っておくと、毛穴が開き、固まった皮脂が酸化して「黒ニキビ」となります。

 

まだ炎症などを起こしていないので、比較的初期段階のニキビといえますが、黒くなってしまうことで、外から見て目立ってしまうのがつらいところです。

 

 

ここまでくると重症「赤ニキビ」

 

「黒ニキビ」をそのままにしておくと、アクネ菌が増殖することで炎症を起こしてしまい、「赤ニキビ」と呼ばれる状態にになってしまいます。

 

アクネ菌は元々誰の皮膚にも存在している常在菌と呼ばれる菌のひとつで、皮脂を好むため、毛穴に詰まった皮脂はアクネ菌が増殖するには最高の環境なのです。

 

「赤ニキビ」になると、触れると痛く、膿が出てくることもあります。

 

 

最も重症な「黄ニキビ」

 

「赤ニキビ」がさらに進行すると、「黄ニキビ」と言われる化膿したニキビになります。
ニキビの最も重症化した状態で、見た目も黄色く膿をもっているのがよくわかります。

 

ここまで進行してしまうと、膿が出た跡がクレーター状に残ってしまったり、シミとして残ってしまったりすることが多く、ニキビとして治癒した後も、その跡で悩まされることになってしまいます。

 

背中の場合、気づくのが遅れてしまい、重症化してしまうことが多く、また、広範囲にたくさんの跡が残ってしまうため、その跡を消すためにはかなりの時間を要してしまいます。

 

背中ニキビも早期発見・早期治療が大切です。