背中ニキビ、カビが原因の場合も

背中ニキビによいとされることをやったり、しっかりとケアもして、薬を塗ってみても全く効果がなく、ひどくなるばかりということはありませんか?

 

背中ニキビはアクネ菌の増殖によるものが一般的ではありますが、実は、一見同じような症状にみえても、原因が全く違うカビの一種である場合があるのです。

 

 

カビが原因の背中ニキビ

 

アクネ菌が原因の背中ニキビではない場合、「マラセチア」という真菌(カビの一種)が原因の場合があります。

 

マラセチアという菌は、皮膚に元々いる常在菌の1つなので、珍しい菌というわけではなく、誰の皮膚にもいる普通の菌です。
このマラセチアが原因となり、炎症を起こして、ニキビのようになってしまうのが「マラセチア毛包炎」というものです。

 

一見、皮膚科医でも見間違ってしまうほどニキビと同じように見えますが、患部にある細菌の検査をして、マラセチアがでてくれば「マラセチア毛包炎」と診断され、投薬治療などで1〜2か月ほどで治癒すると言われています。

 

 

「マラセチア毛包炎」になるまで

 

マラセチアというカビの一種が原因の背中ニキビは、どのような経過を辿るのでしょうか。

 

まず、マラセチアは皮脂を非常に好むため、皮脂の分泌が多い背中で増殖しやすいといわれています。

 

また、このマラセチアはカビの一種なので、ジメジメとした高温多湿の状況では特に増殖しやすくなります。

 

例えば、汗をかいたままの状態で放置した場合、背中の肌と服の間は体温も高いので高温となり、汗で湿っているため、マラセチアがとても好む状況になってしまうのです。
そのような状況でマラセチアが毛穴の中で異常に増殖すると、毛穴の中の皮脂を「遊離脂肪酸」に分解します。

 

この遊離脂肪酸は、皮脂腺の中では異物とみなされるため、炎症を起こしてしまい、「マラセチア毛包炎」となってしまいます。

 

症状としては、赤く腫れて、いわゆる「赤ニキビ」と似た状態になったり、うみをもった「黄ニキビ」と似た状態になったりするため、アクネ菌が原因の通常のニキビと間違いやすいのです。
似ていても、対処法は全く異なるため、まずは病院への受診が必要となります。
自己判断で間違った対処法をしていても、ひどくなる一方で効果がありません。
皮膚科での診察と投薬治療で確実によくなるので、病院への受診が大切です。

 

病院での治療をしっかり行い、肌は清潔に保つようにし、汗はすぐ拭くなどの対処を忘れずに行っていきましょう。