大人の背中ニキビには乾燥が大敵!

 

 

ニキビといえば、皮脂が過剰に出る、つまり、乾燥とは逆の脂っぽいイメージがありますよね?
確かに、一般的にニキビと言われる「思春期ニキビ」はそうかもしれません。
しかし、一般的に吹き出物と言われる「大人ニキビ」には様々な要因が関係しています。

 

その要因のうちの1つが乾燥です。

 

背中の肌が乾燥すると、角質が硬く、分厚くなってしまい、毛穴が狭くなります。
狭くなった毛穴からは皮脂が排出されにくくなり、中に詰まってしまいます。
すると、皮脂を好むアクネ菌が異常繁殖して、ニキビとなってしまうのです。

 

 

乾燥による様々な影響

 

背中の乾燥は様々な要因により引き起こされます。

 

入浴時に背中を洗う際、洗いすぎてしまうことも乾燥を引き起こします。
洗いすぎて肌の水分バランスが崩れてしまった状態で放っておくと、どんどん乾燥が進んでしまい、肌のバリア機能が失われ、服を脱いだりしたときの静電気や、入浴後に体がかゆくなったりしてしまいます。
かゆくなってかいてしまうと、ニキビができている部分を掻き壊してしまい、さらにニキビを悪化させることになったりすることになるので注意が必要です。

 

また、乾燥でバリア機能が失われてしまっているときは、肌が非常にデリケートになっています。
紫外線に当たるなどすると、ニキビ跡が黒く残ってしまったりする可能性があります。
跡が残ってしまうと、治すことが難しくなるため、紫外線にも注意する必要があります。

 

 

慢性化した乾燥状態から脱するには

 

背中という場所は、どうしても目が届かない場所なので、ケアがおろそかになりがちです。
ケアを怠っていると、乾燥した状態が慢性化し、乾燥がひどくなり、背中ニキビができてしまったりもします。

 

この乾燥状態から脱し、肌を良い状態に保つためにはどのようにしたら良いのでしょうか。

 

まず、入浴時に洗いすぎないことが重要です。
手ややわらかいスポンジなどで、こすりすぎないように優しく洗うとよいでしょう。

 

その上で、入浴後に保湿をしっかりと行います。
慢性化した乾燥状態に陥った肌は、角質のバリア機能などが奪われてしまっていることが多いため、「セラミド」という、肌の細胞と細胞の間に存在し、水分や油分をためておけるという物質が非常に大切になります。
このセラミドを補うことで、肌に水分が保たれ、肌のバリア機能を復活させることができます。

 

セラミドは元々体内に存在するものではありますが、20歳を過ぎると、失われていってしまうため、化粧品などで補ってあげるとよいでしょう。