背中ニキビへも悪影響を及ぼすたばこ

タバコを吸うことは「百害あって一理なし」と言われますが、そうはいってもやめることもなかなか難しく、やめる決意ができないでいる人も多いのではないでしょうか。
しかし、タバコは続ければ続けるほど体に様々な悪影響を及ぼしていきます。

 

肌への影響も大きく、タバコを吸っている人で背中ニキビに悩んでいる場合は、その背中ニキビはタバコの影響であることも考えられます。

 

タバコに含まれるニコチンは、ビタミンCを破壊します。
ビタミンCは肌にはとても重要な栄養素で、肌のターンオーバーに関わることはもちろん、失うことでシミやソバカスが増える結果にもなります。

 

そして、活性酸素を発生させることで細胞の老化を早め、老廃物がたまりやすくなったり、血行を低下させたりします。

 

 

タバコと背中ニキビ

 

タバコに含まれるニコチンは肌に悪影響を及ぼしますが、背中ニキビにはどう影響してくるのでしょうか。

 

肌の新陳代謝が悪くなることで、ターンオーバーが乱れてしまい、剥がれるべき角質が剥がれずにどんどん厚くなることにより、毛穴が狭くなり、そこに皮脂が詰まってしまうことで背中ニキビができます。
そして、活性酸素の発生により、毛穴に詰まった皮脂が酸化され、ニキビがどんどん進行してしまいます。

 

また、活性酸素は他の菌へ攻撃をすることがわかっており、皮脂によって異常増殖するアクネ菌を攻撃したりもしますが、攻撃しすぎて周囲の細胞までこわしてしまい、へこみやくすみなどのニキビ跡の原因を作ってしまうこともあります。

 

つまり、タバコは、背中ニキビができるところから、跡に残ってしまうまで、全ての段階で影響があるといえます。

 

 

禁煙の禁断症状

 

禁煙をはじめると、人によっては、タバコをやめたから背中ニキビが治るはずが、逆にニキビがたくさんできてしまう場合があります。これは、禁煙をしていることで、タバコを我慢することがストレスになり、ニキビがでてきてしまっている可能性があります。

 

また、禁煙すると食欲が増えるため、たくさん食べてしまうことから、皮脂の分泌が盛んになってニキビができてしまうこともあります。

 

これは、ある意味、タバコをやめるにあたっての禁断症状のようなもので、半年もすれば落ち着いてきます。

 

禁断症状の時点で禁煙をあきらめてしまうと、また一からやり直しとなってしまいます。
少しの辛抱で、体も肌もスッキリ綺麗に、そして健康になれるでしょう。