背中ニキビができる原因によって変わる対策方法記事一覧

 

■アレルギー反応とはアレルギー反応とは、免疫機能の過剰反応で、体内に入った物質などに対して体が過剰に反応し、炎症を起こしたりするものです。花粉症などもアレルギー反応のひとつで、花粉症の場合は花粉に体が過剰に反応し、くしゃみや鼻水というアレルギー症状をひきおこします。同じように、背中ニキビの場合、背中の毛穴にアレルギーを起こすものが入り、それによる反応が背中ニキビとして現れるという形になります。■背...

 
 

■ストレスによる体の変化日常生活を送る上において、人は多かれ少なかれストレスを抱えて生きているものです。しかし、そのストレスが過剰となり、精神的にも肉体的にも辛くなってしまうこともあるでしょう。慢性的にストレスが過剰な状態に陥ると、自律神経のバランスが崩れてきます。自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスがとれて初めて保たれるものです。交感神経は緊張状態をのときに働く神経で、副交感神経はリラック...

 
 

■生理周期とホルモンの変化生理周期は一般的に28日から30日で1サイクルの人が多いですね。その1サイクルの間に体のホルモンバランスは大きく変化します。生理日からおよそ14日後に排卵が起こりますが、生理中から排卵前までは卵胞ホルモン(エストロゲン)が優位にたっています。排卵の頃に卵胞ホルモンは低下し、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が盛んになります。このホルモンの変化により、体調の変化や心の変化...

 
 

■便秘と背中ニキビの関係便秘になると、体から出ていくべき便が体内に残っている状態となってしまい、それが腐敗し、毒素を出します。毒素は血液の流れによって、体全体にめぐっていき、体や肌の状態を悪くします。また、毒素は毛穴から出ようとするので、毛穴に炎症を起こすなどしてしまい、ニキビの原因となります。便秘による影響は毒素だけではなく、活性酸素という有毒物質を作りだし、それが体の細胞を傷つけます。細胞が傷...

 
 

■紫外線の肌への影響「紫外線は肌によくない」であるとか、「紫外線は日焼けやシミの原因になる」ということは、よく言われているのでご存じの方も多いのではないでしょうか。肌に届く紫外線には、波長の違う「UVA」と「UVB」という種類があり、それぞれ与える影響が違ってきます。UVAは地上にある紫外線の9割以上を占めています。UVAは、肌の真皮にまで到達し、肌の弾力を保つ成分を変化させてしまい、しわをできや...

 
 

■肝臓の役割肝臓は、小腸から吸収され血液により運ばれた栄養素をろ過し、必要なものは取り込み、不要なものは血液を介して尿や便で排出する役割を持っています。肝臓は自らの働きにより、体内に入ってきた添加物や有害物質などを無毒化し、排出しています。しかし、アルコールを飲みすぎたり、甘いもの、脂っこいものなどを多く食べ過ぎたりしていると、次第に肝臓の機能が影響を受けてきます。最近では、若くても脂肪肝になって...