MENU

紫外線による背中ニキビへの影響と対策

紫外線の肌への影響

 

「紫外線は肌によくない」であるとか、「紫外線は日焼けやシミの原因になる」ということは、よく言われているのでご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

肌に届く紫外線には、波長の違う「UVA」と「UVB」という種類があり、それぞれ与える影響が違ってきます。

 

UVAは地上にある紫外線の9割以上を占めています。
UVAは、肌の真皮にまで到達し、肌の弾力を保つ成分を変化させてしまい、しわをできやすくしたり、メラノサイトを活性化してメラニンを増やし肌を黒くしてしまいます。

 

UVBは、肌の表面にダメージを与え、肌に炎症を起こします。
また、肌のターンオーバーのサイクルを乱し、早めてしまうことから、肌が角質化するのを早めてしまい、乾燥しやすくなったりしてしまいます。

 

 

紫外線と背中ニキビ

 

紫外線は様々な影響を肌に与えます。

 

夏など肌を露出する機会が多い時期はもちろんですが、それ以外の時期でも、繊維の隙間を通って肌にダメージを与えます。

 

紫外線が背中に当たることで、UVBにより肌の表面にダメージ与えられ、肌のターンオーバーのサイクルが短くなってしまうと、本来の時期よりも早く角質化してしまった表皮細胞が剥がれたときに毛穴に詰まりやすくなります。

 

毛穴に剥がれた角質が詰まることで、皮脂が毛穴に詰まり、背中ニキビとなります。
つまり、紫外線が引き起こす肌への影響が、最終的に背中ニキビの発生につながっているのです。

 

 

背中の紫外線対策

 

では、紫外線から背中を守るためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

海やプールなどに行く場合にはもちろん日焼け止めを塗る必要があります。
しかし、それ以外の時でも日常的に日焼け止めを塗っておいた方がいいでしょう。

 

日常的に使用するものは、SPF値やPA値が低めなもので、肌に優しいものを選び、2〜3時間おきぐらいに塗りなおすことが望ましいです。
SPF値やPA値が高いものは効果はあるかもしれませんが、肌に与えるダメージも大きいため、普段使いの日焼け止めには向きません。

 

また、油断してしまうのが、夏以外の時期、また、曇りなどの日です。
たとえ日差しが強くなくても、紫外線は降り注いでいるので、常に気を付けることが必要になるのです。

 

日差しが強い時期、外出する場合は、日焼け止めを塗り、さらに日傘などで紫外線を遮ることが望ましいでしょう。

 

背中の肌にダメージを与えないことが、背中ニキビを防ぐ一歩になります。