ニキビ跡の黒ずみのへの対処法

ニキビ跡が黒ずむ原因

 

背中は元々皮脂の分泌が多い場所で、かつ、角質が厚くなりやすい場所です。
角質が厚くなると毛穴が狭くなり、皮脂が上手く排出されず、排出されない皮脂が詰まることでニキビができます。

 

こうしてできたニキビに正しいケアを行わず放っておくと、ニキビの状態がどんどん悪化し、毛穴に炎症が起き、その炎症が真皮層まで達するなど、肌に確実にダメージを与えてしまいます。

 

一番ひどい状態は、クレーター状のへこみになってしまうことですが、へこみよりダメージは小さいものの、やっかいな色素沈着、つまり肌の黒ずみといった形でダメージが残ります。
背中ニキビを放置して適正なケアを行わないことがニキビ跡の黒ずみにつながってしまうのです。

 

 

黒ずみはどのようなもの?

 

では、このニキビの黒ずみはどのような種類のものになるのでしょうか?

 

まず、このニキビ跡の黒ずみはいわゆる「黒ニキビ」とは別のものです。
「黒ニキビ」とは、ニキビの進行過程で、皮脂が酸化して黒くなってしまった状態、つまり、黒く芯のようなものが詰まった状態のことをいいます。

 

ニキビ跡の黒ずみは、肌自体が黒ずんでしまうもので、これは「メラニン」が原因になっています。
メラニンは、紫外線などから肌を守るために生成されますが、毛穴の炎症などにより有害な活性酸素が発生すると、肌を守るためにメラニンが生成されます。
そして、それが黒ずみとして残ってしまうのです。

 

メラニンが原因の黒ずみは少し茶色がかった黒ずみになります。
また、毛穴の中で出血が起きたことによる、ヘモグロビンが原因の色素沈着もあります。この場合は、少し紫がかった黒ずみとなります。

 

これらの色素沈着は、肌のターンオーバーが上手くいっていれば、次第にその色素沈着もうすくなっていきますが、加齢などによりターンオーバーが上手くいかず、長く黒ずんだ跡が残ったままになってしまうと、消えずに残ってしまうのです。

 

 

黒ずみを消すための対処法

 

まず、メラニンが原因で黒ずんでしまったニキビ跡は、メラニンが活発に活動しているので、紫外線にあたるとさらに黒ずみがひどくなってしまう可能性があります。
日頃のUVケアを怠らずにしっかりと行うことが大切です。
その上で、肌のターンオーバーを助ける対策を取ることが必要です。

 

コラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンCといった肌の再生を高める効果のある成分の入っている美容液などを使ったり、内服したりすることも有効です。

 

一番大切なのは、ニキビ跡が黒ずみにならないように予防することですが、もし、気づかないうちに黒ずみになってしまったのを見つけたら、早め早めの対処で乗り切っていきましょう。

 

 

 

 

TOPへ