ケミカルピーリングとは?背中ニキビをキレイに治す

ケミカルピーリングとは

 

「ケミカルピーリング」とは、酸性の薬品を使って皮膚の表面の角質を溶かしてはがすというものです。
通常は、肌のターンオーバーによって、古くなった角質は自然に剥がれ落ちるのですが、自然に剥がれ落ちず、硬くなった角質を強制的にはがすのがケミカルピーリングです。
毛穴に詰まった老廃物なども一緒に溶かしてくれます。
また、顔などの小じわを目立たなくしたり、くすみなども改善し、明るい肌にしてくれる効果もあります。

 

薬品なども使い、強制的に行う医療行為なので、皮膚科や美容外科などのクリニックでないと行うことはできません。

 

 

ケミカルピーリングと背中ニキビ

 

では、ケミカルピーリングは背中ニキビにどのような効果があるのでしょうか。

 

ケミカルピーリングは硬く、厚くなった角質の表面をはがすことで、強制的にターンオーバーと同じ状況を作りだし、肌の再生を促します。
そして、硬い角質がはがれ落ち、やわらかい表面が出てくることで、肌へ直接塗るなどした保湿成分などの浸透の効率がよくなり、効果を上げてくれるのです。

 

厚くなった角質は、毛穴を狭くするため、皮脂の排出をさまたげてしまいますが、ケミカルピーリングを行うことで、皮脂の排出も上手くいくようになります。
毛穴が詰まりにくくなることで、ニキビを作りださないという効果もあります。

 

 

ケミカルピーリングの注意点

 

ケミカルピーリングは、肌への負担が大きいため、肌の状態、体調等によっては、行うことができないこともあります。
強制的に皮膚をはがすため、副作用として、ヒリヒリ感があったり、多少赤みが出たりする場合もあります。

 

また、ケミカルピーリングを実施したあとのケアがとても重要になります。
皮膚の表面の角質を溶かすため、表面に出てきた肌はとてもデリケートな状態になっています。

 

まず必要なのは、紫外線対策です。

 

紫外線のダメージを受けやすい状態になってしまっているため、紫外線吸収剤を使用していない、ケミカルピーリング後専用の日焼け止めを日中の外出時には必ず塗らなければなりません。

 

そして乾燥対策も重要です。

 

通常の状態よりさらに乾燥しやすい状態になってしまっているため、保湿をしっかりとしなければなりません。
その際、使用する保湿剤は肌にやさしい刺激の少ないものを使用しましょう。

 

医師の指導の下、アフターケアを怠らずしっかり行わなければ、肌トラブルの可能性も出てきてしまうというところが、ケミカルピーリングの難しい部分でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ