背中ニキビは年齢に関係なくできる

10代の頃にニキビに悩まされた経験を持つ人は非常に多いと思います。
しかし、その頃のニキビは落ち着いたのに、また大人になってニキビに悩まされてしまっている人も決して少なくはないのです。

 

背中ニキビも同様で、思春期に顔だけでなく背中にもできてしまう例も多いと言われています。
背中は元々皮脂の分泌が非常に盛んな部位なので、皮脂を好むアクネ菌が増殖しやすい場所なのです。

 

 

思春期ニキビとは

 

では、思春期のニキビとはどのようなニキビなのでしょうか。

 

思春期、つまり成長期は、成長のための成長ホルモンが皮脂の分泌を盛んにするため、皮脂が過剰に分泌される傾向にあります。
この過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、ニキビになってしまうのが思春期ニキビの特徴です。
一生懸命洗ったり、薬を塗ったり、ニキビケアの悩みが尽きなかったという人も多いのではないでしょうか。

 

 

大人ニキビとは

 

大人になってからできる「大人ニキビ」と呼ばれるニキビは「吹き出物」などと言われることもありますが、れっきとしたニキビです。

 

大人ニキビの場合は、思春期ニキビと違い、原因が多岐に渡ります。

 

古くなった角質や汚れが毛穴に詰まることが原因になったり、シャンプーの流し残しが原因になったり、また、肌の乾燥やストレス、生理前のホルモンバランスの乱れなど、様々なことが要因になってできるので、対応が難しいことも特徴です。
皮脂分泌の盛んな背中は、大人ニキビとしての「背中ニキビ」ができやすい場所でもあります。

 

 

思春期ニキビと大人ニキビの違い

 

思春期ニキビでも大人ニキビでも背中にできるものは「背中ニキビ」と呼ばれますが、同じ背中ニキビでも、思春期と成人期では、原因やケア方法などに大きな違いがあります。

 

思春期ニキビの場合は皮脂の過剰分泌が原因なので、皮脂の詰まりを防ぐため、よく患部を洗い、清潔に保つことが重要になりますが、大人ニキビの場合はに思春期ニキビと同じケアをしてしまうと、逆効果になってしまうこともあります。

 

大人ニキビの場合は、まず、ニキビができる原因を考え、それに合ったケアをしていくことが重要ですし、時には生活の改善が必要な場合もでてきます。
また、同時に肌全体のケアも考えて対応していかないと、新たなニキビを生んでしまうことにもなりかねません。

 

大人の背中ニキビは、複雑な原因が絡み合ってできることが多いため、間違った対応をしないように気を付けていくことが大切なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ