背中ニキビを防ぐ入浴方法

シャワーより湯船につかる

 

暑いときや時間のないときなど、ついついシャワーで済ませてしまおうと考えてしまいがちだと思います。
しかし、背中ニキビの予防には、少し面倒でも、しっかり湯船につかったほうがよいのです。
できれば、体を洗う前に、ぬるめのお湯に半身浴でゆっくり入るといいですね。
湯船につかることは背中ニキビの予防につながるのです。

 

まず、あたたまることで毛穴が開き、毛穴の中に詰まった汚れや皮脂を洗い流しやすくなります。
そして、血行を促進することが肌のターンオーバーを促します。
もちろん、湯船につかることは、心身のリラックスや自律神経の安定につながり、ストレスからニキビができることを防ぐことにつながります。

 

 

洗う順番も大切

 

体を洗うときの順番も背中ニキビの予防にはとても大切です。
背中ニキビの原因の1つとして、背中にシャンプーやリンスの流し残しが毛穴につまってしまうということがあるからです。

 

洗う順番のポイントは「髪を洗ったら体を洗うこと」です。
髪を洗ったあと、体を洗えば、もし、シャンプーなどが体についてしまっていても、体を洗うことでそれを流してしまうことができ、シャンプーなどの洗い残しを防ぐことができます。

 

あと、できれば、髪の先から背中に流し残しのシャンプーがついたりすることを防ぐため、長い髪は洗ったあと背中につかないように束ねておくなどするといいですね。

 

 

こすりすぎず、優しく洗うこと

 

ナイロンタオルやスポンジなどで、背中をゴシゴシ洗うと気持ちがよいので、ゴシゴシ洗ってる人、結構多いのではないでしょうか。
垢もとれるし、綺麗になるのでいいことだと思っていませんか?。

 

しかし、そのようにこすりすぎることは、肌にはダメージが非常に多いのです。
さらに、本来必要な皮脂までこすり取ってしまう状態になり、乾燥を促進してしまいます。

 

手で洗うのが一番よいのですが、タオルなどを使うなら、やわらかい綿でできたタオルを使って優しく洗うようにしましょう。
ボディーソープもできれば、無添加のものやニキビ用のものを使用するとよいでしょう。
洗うときになるべく刺激を与えないことが背中ニキビを防ぐためには必要なことなのです。

 

このように、入浴する際に注意すべきポイントをおさえ、それを毎日の入浴時に実践していくことにより、背中ニキビができにくい体になるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ