背中ニキビにならないための服選び

背中ニキビと服の関係

背中は皮脂腺が多く存在し、皮脂が多く分泌される場所であり、汗もたくさんかく場所です。
そして、皮脂や汗は服の中で蒸れてしまい、通気性が悪くなることで、毛穴に皮脂がつまります。

 

日頃は意識されない場所なので、ケアも疎かになりがちで、知らず知らずのうちにアクネ菌が繁殖して背中ニキビができてしまうのです。

 

そして、できてしまった背中ニキビは、服の摩擦などで悪化してしまう傾向にあります。
起きているときも服の摩擦で、寝ているときはパジャマや寝具との摩擦で、ずっと背中ニキビは摩擦にさらされていることになります。

 

 

背中ニキビを防ぐ服選びと下着選び

 

皮脂の分泌が多く、汗もよくかく背中は、ほぼ常に服で隠されている場所になり、服選び、下着選びは、背中ニキビを防ぐためには重要なポイントになります。

 

洋服は、できれば通気性がよく、肌にもやさしい綿でできたものが望ましいですが、ファッション性や機能性のことを考えるとなかなかそのような布地のものばかり選ぶことは難しいかもしれません。

 

そういう時は、汗を吸ってくれる綿の肌着などを服の下に着ておくとよいでしょう。
綿の肌着は、汗を吸ってくれるだけでなく、肌に直接化繊のものが触れることを防ぐため、摩擦や静電気などで肌に刺激を与えることも防ぐことができます。

 

次に、下着です。

 

下着選びのポイントは、無理に締め付けない、自分のサイズにあった下着をつけることです。
サイズが合わない下着をつけることは、その締め付けられた部分に汗や皮脂がたまり、その部分に背中ニキビができたり、炎症を起こしたりしやすくなります。

 

自分自身のサイズを知り、体にあった下着をつけることは、体にも肌にもよいことなのです。

 

 

洗濯の時も要注意

 

肌に優しい服を選び、下着も自分のサイズにあったものを選んだとしても、洗濯時の洗剤や柔軟剤が肌にあわず、そのために背中ニキビができてしまうことがあります。

 

最近は、香りのよい柔軟剤などがたくさん出ていますが、人によっては肌に合わない場合があるようです。
もし、洗剤や柔軟剤などを変えたとき、少しでも肌に異常を感じたら、背中ニキビができてしまう前に使用を中止するなどしましょう。

 

このように、背中ニキビにならないためには、洋服や下着、また洗濯時の洗剤・柔軟剤など、肌に直接触れるものについて、注意してしっかりと見ていく必要があるのです。

 

 

 

TOPへ