清潔な寝具で背中ニキビを防ぐ

毎日寝ている寝具に起こっていること

 

人は寝ている間にかなりの量の汗をかくと言われており、その汗は寝具にしみ込んでしまいます。

 

普段、寝具のお手入れはどのようにしていますか?

 

特に気にしていない方も多いのではないでしょうか。
そして、気にしている方でも、パジャマやシーツを洗ったり、布団は干したりする程度だと思います。

 

もちろん、それくらい清潔にしておけば、ほぼ安心とも言えますが、特に何もしていない場合などは心配です。
毎日、寝ている間にかいた汗は布団にしみ込んでいくため、蓄積されていくうちに不衛生になり、布団には雑菌が繁殖してしまいます。

 

そのような布団に毎日寝ているというのは考えるとちょっと怖いですね。

 

 

不衛生な寝具による背中ニキビ

 

汗をたくさんかくのは、寝ている間のことなので、知らず知らずのうちに雑菌が繁殖しています。
毎晩、そのような寝具に寝ていると、雑菌が肌についてしまうことで炎症を起こし、背中ニキビができてしまいます。

 

もちろん、そのままケアをしないでおくとニキビの症状が進んでしまいますが、元々、別の理由で背中ニキビができていた場合にも、雑菌がそのニキビを悪化させてしまいます。

 

アクネ菌は、ニキビをつくる一番の原因となる菌ではありますが、実は常在菌として、他の雑菌を追い払う役目も果たしています。
しかし、雑菌が多ければ、その役目も完全には果たせないことになり、雑菌が原因の背中ニキビができてしまう結果となります。

 

また、不衛生な寝具にはダニが発生し、そのダニの排泄物が原因でアレルギー反応を起こしてしまい、背中ニキビになったり、アトピー性皮膚炎の原因になることもあります。

 

 

寝具を清潔に保ち背中ニキビを防ぐ

 

では、不衛生な寝具が原因での背中ニキビはどのようにして防げばよいのでしょうか。

 

一番よいのは出来る限り清潔に保つことです。

 

まず、パジャマやシーツはできるだけこまめに洗濯しましょう。
そして、布団は干せるときにはどんどん干しましょう。
日光による消毒効果や、熱による殺菌効果が期待できます。

 

しかし、ベッドのマットレスなど、干すことが難しいもの、また、布団も長期間干せない時期などは、市販の除菌スプレーなども活用し、できるだけ清潔に、雑菌が繁殖しないような工夫が必要です。

 

このように、日頃から寝具を清潔に保つ習慣をつけることで、寝具が原因の背中ニキビは防ぐことが可能です。

 

 

 

 

 

 

TOPへ