食生活の改善で背中ニキビを防ぐ

食生活と背中ニキビの関係

 

背中ニキビは過剰な皮脂分泌により、毛穴が詰まり、皮脂を好むアクネ菌が異常繁殖することでできてしまいます。

 

皮脂の過剰分泌は、食生活と切っても切れない関係があります。
食べたものによって、皮脂の分泌量が変わってくるからです。

 

脂っこいものを食べた場合はもちろん皮脂の分泌量が増えますが、それだけではなく、炭水化物なども摂取しすぎることも皮脂の過剰分泌につながります。

 

また、辛いものなどは、脂は含んでいなくても皮脂腺を刺激することになるので、皮脂の分泌量を増やす結果になります。

 

 

背中ニキビを招く食材

 

食生活に関しては、常に栄養バランスのとれた食生活が望ましいのはいうまでもありません。
脂を含む食材や、皮脂分泌を助長する食材であっても、バランスよく食べていれば大きな問題にはなりません。
背中ニキビの原因になってしまうのは、そのような食材の過剰摂取を継続的に行っている場合です。

 

では、どのような食材の過剰摂取が背中ニキビの原因になるのでしょうか。

 

まず、脂質を多く含むものです。
代表的なものとしては、揚げ物や肉などが挙げられます。
食事が肉食中心の方は注意が必要です。

 

次に、炭水化物です。
炭水化物も、摂取のしすぎによって、皮脂分泌を促します。

 

そして、糖質です。
チョコレートなどのお菓子類はもちろん、清涼飲料水なども意外と糖質を多く含んでいます。

 

また、とうがらしなどの辛いもの、香辛料の効いたカレーなどのエスニック料理は、摂取しすぎると皮脂腺を刺激することで、皮脂分泌を促してしまいます。

 

 

食生活を改善して背中ニキビを防ぐ

 

背中ニキビを予防したり、できてしまったニキビを改善していくためには、まず体の中から、つまり食生活の改善が大切になります。
先ほど挙げた、皮脂分泌を促してしまう食べ物や、皮脂腺を刺激してしまう食べ物は過剰に摂取しないことが必要です。

 

全く食べないとなると、これらは生きていく上で必要な栄養素なので、体調を崩してしまいます。
過剰に摂取しないように心がければ、特に問題が起きることはないでしょう。
その上で、野菜を多く摂取したりしながら、バランスの良い食事を心がけていきましょう。

 

暴飲暴食したり、食事が2回になったり、夜にだけたくさん食べたりなどの食事の仕方も、皮脂分泌を促すだけでなく、肌自体の調子を悪くしてしまう原因にもなります。

 

できるだけ和食中心に3食決まった時間に食べることが、背中ニキビ改善のための食生活のポイントです。

TOPへ